ガスメーター検針事業

90万件のお客さまとつながっています

ハローメイトの検針の模様

現在、京葉ガスの供給エリアには90万件を超えるお客さまがいらっしゃいます。これらのお客さまに対し、毎月1度、実際にお宅を訪問してガスメーターの指針を確認し、ガスのご使用量を計算して、ご請求額を記載した検針票をお届けするのが検針業務です。

あらかじめ京葉ガスの供給エリアを18地区に分割し、毎月1回、検針作業を担当するハローメイトがすべてのお客さま宅にお伺いいたします。

ガスメーターの検針は、ご利用料金算定の基本となる重要な業務であり、いつもの正確、確実な作業の積み重ねがお客さまの信頼につながります。
 

検針作業を通して、お客さま宅の安全確保に努めます

お客さまのガスメーターにはマイコンが内蔵されており、常にガスのご使用状況を監視しています。マイコンが何らかの異常を感知した場合は、表示ランプが点滅します。

ハローメイトは検針時にこのような表示ランプの点滅を発見した場合や、ガスメーター付近でガスの臭いを確認した場合などには、直ちに京葉ガスの保安担当部署に連絡するなど適切に対処し、お客さま宅の安全確保に努めます。
 

お客さまから信頼される総合窓口を目指します

わたしたちハローメイトは、日ごろ都市ガスをご利用いただき、また、時にはお声を掛けてくださるお客さまのガスに関するいろいろな疑問や相談ごとなどについて、総合窓口となって解決のお役に立っていくことも大切な使命と考えています。

また、個人情報に万全を尽くしながら、付加価値の高い検針サービスを実現、提供させていただくことで、お客さまとの信頼関係を一層高め、クライアント企業さまとその大切なお客さまからご満足をいただくことを目指しております。